イマオ美濃工場からの改善活動記

コピー機運用の見直し

2016年 4月22日

BEFORE 〜改善前〜

コピー用紙の使用状況を確認したところ、B4サイズのコピー用紙は月に1回、出勤簿のみの使用で、他には使っていませんでした。

<問題>

  • 出勤簿のためだけにB4サイズの用紙を手配している。
  • B4サイズはコピー機のトレイに常にセットされ、使用頻度の高い裏紙は手差しトレイで都度少量を補充している。

B4である必要を考えたのですが、特に理由はありませんでした。

AFTER 〜改善後〜

B4用のデータをA3用に変更しました。

<効果>

  • B4用紙が不要になる。
  • 裏紙を用紙トレイに入れることで、補充の頻度の削減。

以前と比べ、裏紙を有効活用しやすくなり、経費の節減に繋がりました。

ちなみに今回の改善は、データの書式変更のみですので、コストは一切かかりませんでした。

私たちが改善しました!

B4用紙の在庫を他部署にまわしましたので、不要在庫をなくす事が出来ました。

裏紙を1日5回(月に100回)ほど補充していましたので、頻度が減って満足です。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。