イマオ美濃工場からの改善活動記

刃物の交換目安を明確にする

2018年 11月27日

BEFORE 〜改善前〜

アルミフレームの切断にチップソーを使用しています。フレームの限度見本を基準にチップソーの交換や再研磨を行っていますが、性能評価の目安は使用日数で行っています。

<問題>

  • 基準が漠然としており、交換や再研磨のタイミングに毎度迷う。

人やその時々によって基準が変わるので、明確にする必要がありました。

AFTER 〜改善後〜

フレーム切断の際に開閉するカバー部分にカウンターを取付けて、切断回数をカウントできるようにしました。

<効果>

  • 切断回数で交換時期が判断できるので、基準が明確になった。

この改善によってチップソーが良い状態で加工できるので、加工不良が減りました。
また、無駄なく寿命近くまで使えるので、経費削減に繋がりました。

メンバーからの一言

カバーの開閉でカウントするだけなので、複雑な工事も必要なく、簡単に改善できました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。