イマオ美濃工場からの改善活動記

樹脂の切り屑を簡単に除去する方法

2017年 8月8日

BEFORE 〜改善前〜

ポリアミド製のプーリーを加工する際に、テールストックの回転センターに切り屑が巻きついてしまいます。

<問題>

  • 金属のように粉々にできないため固く巻き付いてしまい、除去するのに時間がかかる。
  • ハサミで切っているが、ガラス繊維を含む樹脂なので、1日で使い物にならなくなってしまう。

巻きついたまま加工を続けると、下に落ちた切り屑まで巻き上げてしまい、加工不良を発生させることもありました。

AFTER 〜改善後〜

検証をした結果、回転センターにある「くびれ」に切り屑が引っかかり、巻きついている事が分かりました。そこで、「くびれ」が隠れるようなカバーを製作しました。

<効果>

  • 切り屑が巻き付きにくくなった。もし巻き込んでも簡単に除去ができるようになった。

今までは1分弱かかっていた除去作業が1秒でできるようになり、作業の効率が上りました。

メンバーからの一言

切り屑が樹脂のため、このカバーを使えば使うほどバフ研磨したようにツルツルになるので、より簡単に除去ができるようになりました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。