イマオ美濃工場からの改善活動記

作業台が働き方を変える

2021年 12月14日

BEFORE 〜改善前〜

加工機械の近くに、工具や図面を置くための作業台を置いています。

<問題>

  • 作業台の天板が低いため、作業や図面を見るときに姿勢が悪くなり、腰に負担がかかる。
  • 天板のスペースが小さく、物があまり置けないので、他の作業ができない。

作業台の下に備品を置いていますが、ここも狭く整理がしづらいため、いざ使いたいときにどこに何があるかがわかりづらく、作業に支障が出ていました。

AFTER 〜改善後〜

天板が高く、幅の広い作業台に変更しました。

<効果>

  • 作業の際、前に屈む必要がなくなったので、腰への負担がなくなった。
  • スペースが広くなったので、作業がしやすくなった。
  • 作業台下の備品置き場のスペースを広く確保することで、整理整頓がしやすくなった。

作業台を変えたことで、身体への負担の軽減だけでなく、作業効率も大幅に上がり、満足のいく改善になりました。

メンバーからの一言

腰への負担が続くと、腰痛など私生活にも悪影響が出てしまいますので、改善ができて良かったです。

今後も、身体に負担がかかる業務を見直していきたいと思います。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。