イマオ美濃工場からの改善活動記

3Dプリンターで切粉対策

2020年 12月22日

BEFORE 〜改善前〜

ワークを加工した後は、治具の固定用の穴に切り粉や切削油が 詰まってしまいます。

<問題>

  • 毎回バキュームで吸い出さなければならない。
  • 穴の内側に切り粉が残っていると、位置決めボルトを傷つけてしまう。

毎回段取りの度に、時間をかけて掃除する必要があり、とても面倒に感じていました。

AFTER 〜改善後〜

固定用の穴に切り粉や切削油が入らないように、3Dプリンターでキャップを製作しました。

<効果>

  • 穴に切り粉が入らないので、清掃時間が今までより10分くらい短くなった。

週に何回か治具段取り(+清掃)があるので、かなりの時間短縮に繋がりました。

メンバーからの一言

キャップを簡単に取り外せるように、ボルトをノブ代わりに付けています。

3Dプリンターを使用したので、キャップ1個あたり5円くらいと、とても安価に作ることができました。

穴の切り粉対策に関する他の改善

取付穴の切粉対策

2016年 9月29日

続きを読む
「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。