イマオ美濃工場からの改善活動記

コンテナへ収納する際の作業効率アップ

2016年 4月5日

BEFORE 〜改善前〜

製品の傷防止と切削油による汚れ防止の為、コンテナ底部に適当なサイズにカットした緩衝材(新聞紙)を使用しています。

<問題>

  • コンテナ内部と新聞紙のサイズが違うため、新聞紙を手で押さえながら製品を入れないといけない。
  • 製品を入れる回数が多いため、手間と時間が掛かる。

上手に入れないとカドが浮いてしまい、荷崩れを起こすこともありました。

AFTER 〜改善後〜

準備の段階で、新聞紙をコンテナのサイズに合わせてカットするようにしました。

<効果>

  • 手で押さえる必要がなくなる。
  • 荷崩れしない。

効率も上がり、見た目もキレイになったことで、気持ち良く作業ができるようになりました。

私たちが改善しました!

今までも準備段階で新聞紙を4分の1に切っていましたので、改善前とほぼ変わらない手間でできました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。