イマオ美濃工場からの改善活動記

梱包箱の仕様を見直し、コストを削減!

2016年 9月1日

BEFORE 〜改善前〜

製品梱包用の箱を数多く使用していますが、中でも一番小さいサイズの箱の使用頻度が高く、小さいながらもコストが掛かっていました。

<問題>

  • 使用する数が多いため、コストが掛かる。
  • 保管スペースの確保が必要。

今後もずっと使用するので、早期の見直しが必要でした。

AFTER 〜改善後〜

組立式タイプに変更をしました!

<効果>

  • 組立済を購入するよりも50%程度安くなった。
  • 保管スペースが少なくなった。

保管場所が今までの1/2になり、他の備品を置くスペースができました。

私たちが改善しました!

製品の価格に反映されない梱包材のコスト削減ができて良かったと思います。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。