改善活動記

工場改善記

アイボルトによる傷を未然に防ぐ。

2016年 7月5日

BEFORE 〜改善前〜

アイボルトによる傷を未然に防ぐ。改善前

アイボルトを取り付ける時、製品にしっかりと取り付けると、取り付けた面に傷を付けてしまう為、本来の使用方法による安全な使用が出来ませんでした。また、取り外す時もネジ穴からアイボルトが外れた際に、不注意で製品上にアイボルトが転倒し、製品面に傷がついてしまう事がありました。

<問題>
・着脱の際に、加工面や研磨面に傷を付けてしまう。
(傷を付けないために、加工ワークとアイボルトの間に少しの隙間を設けていました。)
・傷が付くと、再加工が必要になる。

アイボルトを着脱する時は、気を遣う必要がありました。

AFTER 〜改善後〜

アイボルトによる傷を未然に防ぐ。 改善後

アイボルトを安全で作業し易いカタチに改良しました。

<効果>
・アイボルトを製品にしっかりと固定しても、ネジ穴の面取り部のみの接地にて製品には傷がつかず、安全な吊上げ作業が出来る様になりました。
・取り外す時はボルトがネジ山から外れても、先端のストレート部分が穴に残るため、倒れない。

傷を付ける心配がなくなり、作業が非常にしやすくなりました。
使用上、ワークとアイボルトの接地面が小さいので強度が心配でしたが、当社での用途、ワーク形状、重量に限っては問題無く使用出来ています。

アイボルトによる傷を未然に防ぐ。 メンバー

私たちが改善しました!

傷の心配がない素材の段階でも、取り外す時に注意をしていないと、落ちてパレットの下に入り込んでしまう等の手間が時々ありました。改善ができて良かったです。