イマオ美濃工場からの改善活動記

梱包の材質を変えると仕事が変わる

2018年 8月7日

BEFORE 〜改善前〜

フレームを梱包する際に段ボールを使用しています。

<問題>

  • 表面がザラザラしていて、テープが簡単に (勝手に) 剥がれてしまう。
  • 剥がれないように指で強く押し付ける必要がある。
  • テープをいろいろ変えてみるも効果はいまひとつ。

せっかく梱包をしたものが、一夜明けると剥がれている、といった事もありました。

AFTER 〜改善後〜

段ボールの素材をワンランク上げ、剥がれにくい素材に変更しました。

<効果>

  • 強く押し付けなくても、しっかり貼ることができる。
  • 1枚あたり1円50銭のコスト増。

テープを強く押し付ける必要がなくなり、キレイに梱包が出来るようになりました。
コストは上がりましたが、お客様のところに届いた時にしっかり梱包が維持されていることが何より重要ですので、改善ができて良かったです。

メンバーからの一言

今回の変更した段ボールは、外側のみ材質を変更し、内側は今までと同じ素材を使っています。
これにより、コスト増を最小限に抑える事ができました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。