イマオ美濃工場からの改善活動記

数えずに梱包する改善

2017年 5月11日

BEFORE 〜改善前〜

一袋に20個入っている製品で、売れ筋だと数百袋の梱包作業が必要となる。

<問題>

  • ひたすら数えて袋詰め作業の繰り返しで時間が掛かる。

集中力と根気が必要で、作業が終わる頃には疲弊していました。

AFTER 〜改善後〜

格子状のプラスチックケースを使って、必要数をその中に入れるようにしました。

<効果>

  • 個々に数える必要がなくなり、速く、正確に作業ができる。
  • ケースを複数個用意することで、多数の梱包が可能になった。

袋へは筒先の大きい漏斗を使うことにより、速やかに挿入ができるようになりました。

メンバーからの一言

もともと部品が納入される際のケースを活用したので、費用をかけずに改善ができました。

数え間違いがあったかもと、もう一度確認をすることもなくなったので、安心にも繋がりました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。