イマオ美濃工場からの改善活動記

治具プレートの管理方法

2018年 7月10日

BEFORE 〜改善前〜

シャフトを曲げる加工の増加に伴い、管理する治具も増えてきました。

<問題>

  • 決まった置き場がないので、パレットに重ねて積んでいる。

重なり合った治具から必要なものを取り出すのは一苦労でした。

AFTER 〜改善後〜

専用の保管棚を製作し、使用したい治具が一目で分かるようにしました。

<効果>

  • 上に重ねるのではなく立てて横に並べる構造にしたことで、取り出しやすくなった。

通路から見える場所に置いているので、以前の重ねて置く方法よりも美観が良くなりました。

メンバーからの一言

シャフトを曲げるための治具を使用する頻度は多くないですが、美観、安全面を考えると効果のある改善だったと思います。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。