イマオ美濃工場からの改善活動記

ボール盤で簡単に芯を出す方法

2018年 2月27日

BEFORE 〜改善前〜

ボール盤で加工を行う際に、ドリルチャックに付けた芯出し治具と、あらかじめワークに付けた印を、目視や定規で合わせています。

<問題>

  • 段取りに時間が掛かる。
  • 芯がズレて不良が発生してしまう可能性がある。

過去に、芯がズレた状態で加工をした時に、ドリルが破損してしまうこともありました。

AFTER 〜改善後〜

芯出し治具の先端を、突起形状からV溝に変更しました。

<効果>

  • V溝の面と面が当たることで芯が簡単に出る。
  • 段取り時間
    従来:約5分
    現在:約1分

今までの、芯がズレないように慎重に確認をしていた心労も軽減され、非常に助かりました。

メンバーからの一言

新しい治具は社内の残材で作ったので、0円でした。1カ月に約10回段取りがあるので、約40分/月ほど削減ができました。

「改善活動記」の更新情報をメールニュースでお知らせ!ご登録はこちらから。