改善活動記

工場改善記

消耗品管理の手間を削減。

2016年 10月13日

BEFORE 〜改善前〜

消耗品管理の手間を削減。 改善前

事務消耗品(コピー用紙・ペンなど)を使用する人が多く、気がつくと在庫がない…、ということも。

<問題>
・手配担当者以外、発注をしているか否かが分からない。
・購買担当者による定期的な在庫チェックが必要。
・2重発注の可能性。

AFTER 〜改善後〜

消耗品管理の手間を削減。 改善後

発注点を明確にすることにより、使用者から手配依頼が来るように!

<効果>
・発注中であるかどうか一目瞭然。
・在庫のチェックが不要。

「最後の1個になったら手配依頼」と書かれたプレートを挟むことにより、発注点が明確になった。
手配をしているものには「手配中」のプレートを置くことにより、2重発注を回避。

メンバーからの一言

購買担当者も、不定期でくる依頼に対応しているため、「これ頼んである?」との質問に即答ができないことが多々ありました。この改善により、購買担当者にも使用者にも分かりやすくなったため、無駄な手配、気遣いが不要になりました。