プルフィックス

簡単操作で高精度な治具交換!プルフィックス

治具交換の世代交代!

簡単操作、高精度

マシニングセンタで行う多品種少量ワークの加工では、治具の載せ替え頻度が高くなり、機械稼働率が低下します。

パレットやサブプレートなどの治具交換において、煩わしい位置決めや芯出し、ボルトによる固定に時間がかかっていませんか?

プルフィックスは、5μmの繰り返し位置決め精度で芯出し不要、横から締め付けるだけのシリンダー形状の引込み式クランプです。

載せ替え頻度が高い治具を、プルフィックスを使って高精度に素早く交換することで、治具の段取り時間を大幅に短縮できます。

さらに、取り付け位置を変えれば大小さまざまなサイズの治具やパレットに対応できます。

プルフィックスを使った治具交換は、マシニングセンタの稼働率を向上させます。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 治具の位置決めや芯出しに時間がかかっている
  • 位置決めピンやノックピンでは繰り返し精度が悪い
  • ボルトを締め付けるのが面倒だ
  • 治具やプレートのサイズが頻繁に変わる

プルフィックスは

シリンダー形状の引込み式クランプ

治具の裏面に取り付けたクランプボルトを引き込んでクランプ

テーパーと着座面の2面拘束

繰り返し位置決め精度は5μm

芯出し不要で治具の外段取りが可能

レンチで横から締め付けるだけ

3回転でクランプ完了

配置は自由

プルフィックスの取り付け位置を変えることで、さまざまなサイズの治具を交換可能

さらにこんな特長があります

横形マシニングセンタには、フックタイプ!

治具を垂直に下ろして引っかけるだけ

上部が大きく開いた本体とかぎ形状のクランプボルトにより、素早く安全に治具をクランプできます

締め付け前でも、かぎ形状のクランプボルトが本体に引っかかり治具の落下を防ぎます

もちろん5軸加工機や5面加工機でのワーククランプにも!

シリンダー形状なのでツール干渉の心配がありません

ツール干渉がなくなることのメリットは盛りだくさん!

  • 5面加工が可能になり、工程が集約
  • プルフィックスだけで治具が構成でき、治具の設計、製作期間が短縮
  • 同一工程で加工でき、加工精度が向上
  • 治具の台数が減り、コストが削減

採用事例

実際にプルフィックス フックタイプを採用されたお客さまに、導入前の課題や導入に至った経緯、得られたメリットなどお話を伺いました。

魚岸精機工業株式会社様 プルフィックス フックタイプ採用事例
魚岸精機工業株式会社様 プルフィックス フックタイプ採用事例

※ ご利用前に、当社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)をご確認ください。

製品

プルフィックス

CP150

クランプユニット(フランジタイプ)

CP151

クランプユニット(ダブルタイプ)

CP152

クランプユニット(シングルタイプ)

CP155-L

テーパークランプボルト(基準タイプ)

CP155-D

テーパークランプボルト(ダイヤタイプ)

CP157

テーパーブッシュ

CP158

ダブルテーパークランプピン

CP159

ストレートブッシュ

プルフィックス フックタイプ

CP160

クランプユニット(フックタイプ)

CP157

テーパーブッシュ

CP165-LH

テーパークランプボルト(基準タイプ フック付き)

CP165-L

テーパークランプボルト(基準タイプ フック無し)

CP166-H

クランプボルト(フック付き)

CP166

クランプボルト(フック無し)

製品動画

製品紹介

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

5面加工の実演

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

カタログ請求

本製品は、「【カタログ】 標準機械部品 標準治具 2020」に掲載されています。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ