ワンタッチクランプ

工具?いりません! レバー操作で簡単クランプ。メカニカル工具レスクランプ「ワンタッチクランプ」     

ワンタッチクランプは、工具を必要としない、レバー操作でクランプ・アンクランプが可能なクランプです。

工具レスにより着脱の操作時間を大幅に削減。特に、ワーク着脱が頻繁に発生する作業で威力を発揮し、段取り時間も大幅に削減。作業性・生産性の向上に貢献します。

特長

切削加工治具において、油圧治具は、製作コストが高くオイル漏れ対策などのメンテナンスにも工数を要します。

一方、ボルト締めによるマニュアル治具は作業性が悪く、ワーク交換時に多くの作業時間を要します。

「ワンタッチクランプ」は、このような、ユーザーが抱える問題点を聞き取り開発されたレバー式クランプで、油圧治具に比べ、製作・メンテナンス両面で大幅にコストを抑えることができ 、 マニュアル治具に比べ作業性を数段向上させることができます。

マニュアル治具に比べ、作業性UP。油圧治具に比べ、コストダウン。

油圧治具に比べ

  • 製作コストが約3分の1 !

    シンプルな構造を採用し、油圧などの自動治具と比較して治具製作費、製作日数を大幅削減。

      油圧治具 ワンタッチクランプ
    プレート ¥270,000 ¥100,000
    部品類 ¥300,000 ¥130,000
    組付費 ¥150,000 ¥20,000
    合計 ¥720,000 ¥250,000
  • 配管不要

マニュアル治具に比べ

  • 作業性3倍UP!

    レバー操作でワーク着脱作業がすばやくできます。

  • 工具不要

    工具を必要とせず、レバー操作だけでクランプ可能。

    頻繁に発生するワーク着脱作業で威力を発揮し、段取り時間を大幅に削減、生産性を向上。

その他の特長

  • 確実なワーク保持

    スパイラルカムの採用により確実にワークを保持します。機械加工時の負荷、振動等による緩みがありません。

  • トルク調整レバーと取外し型レバーを用意

    オプションとして、クランプ力が調整できるトルク調整型と着脱可能な取外し型のレバーを用意しております。

製品動画

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

製品ラインアップ

ダイカスト(アルミニウム・亜鉛などの非鉄金属)から銑鉄鋳物(鋳鉄・鋼など)まで、豊富なバリエーションにより、 幅広い対応が可能です。

下押し

QLSWC

スイングクランプ

レバー操作でスイングしてクランプ!

レバー操作でフックが旋回してクランプ、アンクランプができるため、ワークの着脱が効率よく行えます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。
サビや腐食、摩耗に強い無電解ニッケルメッキ仕様をご用意しました。

QLSWC

スイングクランプ(カムレバータイプ)

レバーの干渉を回避!

カムレバー採用により、レバーの干渉を回避しながらフックの旋回が可能。レバーを倒すことでクランプできます。
サビや腐食、摩耗に強い無電解ニッケルメッキ仕様をご用意しました。

QLSWC

スイングクランプ(クランプレバータイプ)

長いストロークと高いクランプ力!

クランプレバーを使用したスイングクランプです。
クランプ機構がネジ式のため、カム式よりもクランプストロークが長く、クランプ力が高くなります。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

QLSW

スイングクランプ

クランプ力の調節とフックの交換が可能!

トルク調整レバーと組み合わせることで、クランプ力を調節できます。
ワークに合わせた特殊フックへ交換できます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

QLSWH

スイングクランプ(ロングストロークタイプ)

アプローチストローク10mm!

アプローチ操作ノブでクランプ位置を調整し、レバーで締め付ける2アクション。
10mmのアプローチストロークにより、バラつきが多い鋳物ワークに最適です。
ワークに合わせた特殊フックへ交換できます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

QLRE

リトラクトクランプ(カムレバータイプ)

縦方向動作で簡単クランプ!

クランパーが前後に動きます。
スイングクランプではクランパーが干渉する箇所でも使用できます。

QLRE

リトラクトクランプ(クランプレバータイプ)

長いストロークと高いクランプ力!

クランパーが前後に動きます。
スイングクランプではクランパーが干渉する箇所でも使用できます。
クランプ機構がネジ式のため、カム式よりもクランプストロークが長く、クランプ力が高くなります。

QLRCF

リーチ クランプ(フランジタイプ)

シャフトの突き出しが自由で、クランプ力が一定

突出し量を自在に調整できるシャフトでワークをクランプします。
離れた場所から奥まった箇所や狭い箇所へのクランプが可能となり、面倒な作業を軽減することができます。
横押しのタイプもございます。

横押し

QLSCH

カムサイドクランプ

カムレバーで強力クランプ!

軽荷重タイプは、内蔵バネにより常にクランプ力が一定です。
標準タイプは、レバー荷重によりクランプ力が加減できます。
口金の先端は研磨仕上ですので、ワーク仕上面のクランプも可能です。
クランプ時、口金は下方向への力が掛かりワークの浮き上がりを防止します。

QLSCL

薄型カムサイドクランプ

薄物ワークに最適!

部品の小型化・薄肉化にともない開発された、ツールに干渉しにくいサイズ。
ボディ高さ10mm ※1 と非常に薄く、狭い場所にも設置でき、加工エリアを最大限に利用することができます。
口金が上方向に歪むことを抑止する構造によってワークの浮き上がりを防止しています。
レバーが無い工具締付けタイプもございます。

※1・・・QLSCL10タイプ

CP135-L

スパイラルカムクランプ(レバータイプ)

コンパクトな横押しクランプ!

スパイラルカムにより迅速なクランプができます。
コンパクト設計により小物ワークの多数個取りに最適です。
クランププレートを使用することでワークへの傷を防止します。
レバーが無い工具締付けタイプもございます。

QLSC

カムサイドクランプ

ワークを斜め下にクランプ!

横方向へのクランプ力と共に、ワークを下に押し付ける力がかかりワークの浮き上がりを防止します。
クランプストロークが長いため、バラつきのあるワークにも使用できます。
レバーが無い工具締付けタイプもございます。

QLSC

サイドクランプ

ワークを斜め下にクランプ!

横方向へのクランプ力と共に、ワークを下に押し付ける力がかかりワークの浮き上がりを防止します。
トルク調整レバーと組み合わせることで、クランプ力を調節できます。

QLCP

カムプッシュクランプ

真横にクランプ!

カムレバーを回すとシャフトが突き出してクランプします。
アンクランプ時はスプリングでシャフトが戻ります。

QLRC

リーチ クランプ

シャフトの突き出しが自由でクランプ力が一定!

突出し量を自在に調整できるシャフトでワークをクランプします。
離れた場所から奥まった箇所や狭い箇所へのクランプが可能となり、面倒な作業を軽減することができます。
下押しのタイプもございます。

QLPCT

精密ストレートクランプ(トグルタイプ)

正確な直進とクランプ!

クランプシャフトが精度良く突き出し、同じ位置をクランプできます。(振れ精度±0.05)
内蔵スプリングにより、誰でも同じ力でクランプできます。
操作時にはクリック感があり、確実なクランプ作業ができます。

引込み

QLPD

引込みクランプ

ワークを引込んでクランプ!

ピンを差し込んだ後、レバー操作でピンが引込まれてワークをクランプします。
クランプ部品がワークの下に配置されるので加工エリアが広がります。
トルク調整レバーと組み合わせることで、クランプ力を調節できます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

QLPDH

引込みクランプ(重荷重タイプ)

高いクランプ力!

ピンを差し込んだ後、レバー操作でピンが引込まれてワークをクランプします。
クランプ部品がワークの下に配置されるので加工エリアが広がります。

ACR-N-PL,ACL-N-PL

アクチマクランプ

レバー操作でシャフトが下降!

レバー操作でセンターシャフトが下がってクランプします。
クランプ部品と組み合わせてワンタッチ操作のアプリケーションを構築することもできます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

プッシュ

QLPU

プッシュクランプ

レバー操作でシャフトが上昇!

レバー操作でセンターシャフトが上昇してワークをクランプします。
クランプ部品と組み合わせてワンタッチ操作のアプリケーションを構築することもできます。

ARN

アルネスクランプ

レバー操作でシャフトが前進!

レバーを倒すとシャフトが突き出してクランプします。
クランプ部品と組み合わせてワンタッチ操作のアプリケーションを構築することもできます。

ACR,ACL

アクチマクランプ

レバー操作でシャフトが上昇!

レバー操作でセンターシャフトが上昇してクランプします。
堅牢で切り屑が入り難い構造になっています。
クランプ部品と組み合わせてワンタッチ操作のアプリケーションを構築することもできます。
右旋回、左旋回タイプがありますので、取り付け場所に応じて選定できます。

製品用レバー

QLSL

レバー

固定式と着脱式から選べます

取外しタイプは、レバーによる干渉がなくなるため、加工範囲を最大限に利用することができます。

QLTL

トルク調整レバー

クランプ力の調節に!

設定トルクに達するとレバーが折れ曲がります。
クランプ力を調節できるので、ワークの変形やひずみを防ぐことができます。
取外しタイプは、レバーによる干渉がなくなるため、加工範囲を最大限に利用することができます。

ワンタッチクランプ製品一覧