キーロックインサート

こんなことでお困りではありませんか?

  • ボルトの着脱で、ネジ穴が痛んでしまう。
  • 柔らかい素材のネジ穴は、ボルトの強い締め込みによる損傷が心配だ
  • ネジインサートで対策しても、効果がない

そんな時は、キーロックインサートで解決!

キーロックインサートとは、ボルトの着脱が頻繁にあるネジ穴の保護や、アルミ・樹脂などの軟質材のネジ穴を補強する部品です。 取付けも簡単で、強固な固定を実現します。キーロックインサートは、次のようなお客さまの課題を解決します。

ボルトの着脱が頻繁にあり、ネジ穴が痛みやすい

段取り替えの頻度が高い箇所など、ボルトの着脱が頻繁にあるネジ穴は痛みやすいです。
キーロックインサートでネジ穴を保護することにより損傷を防止できます。

アルミや樹脂などの柔らかい母材のネジ穴が痛みやすい

アルミプレートや樹脂プレートのネジ穴にボルトで強く締め込むと、ネジ穴が損傷してしまうことがあります。
キーロックインサートで補強することで、ネジ穴が痛むことなく、安心してネジの締め込みが行えます。

ネジインサートで対策しても、耐久性に不安

メネジに取付け後、キーを打ち込みます。キーがねじ山に食い込み、回転止めの役割をし、強固な固定を実現します。緩みや抜けもなく、耐久性に優れております。

ねじ山修復作業に手間がかかる

損傷したネジ穴に指定のネジ穴加工を行い、キーロックインサートを挿入してキーを打ち込むだけの簡単作業です。損傷したネジ穴を短時間で補修できます。

ネジ穴の錆び付きが心配

ネジ穴が錆び付くと、ボルトが固着して外せなくなったり、ねじ山が破損して空回りしたりします。キーロックインサートは、錆びに強いSUS製もご用意しておりますので、水がかかるなど錆びやすい環境にもご利用いただけます。

使用例

樹脂プレートのネジ穴補強 (M8軽荷重用)

樹脂プレートのネジ穴(M8)が頻繁なボルトの着脱や強い締め込みで損傷してしまう時は、

損傷したネジ穴に内ネジがM8となるキーロックインサートの指定サイズ(M12×1.25)の穴加工をして

キーロックインサートをねじ込み、キーを打ち込めば、補強されたM8のネジ穴になります。

金属ワークのネジ穴保護・修復

[取付方法]

  • 1.指定サイズのドリル加工

  • 2.面取り加工(90°~120°)をして指定サイズのタップ加工

  • 3.キーロックインサートを装着

  • 4.専用工具でキーを打ち込む

  • 5.取り付け完了

製品

KIC

キーロックインサート

KICTLM

専用ツール

TWM,HDM

取付けツ-ル