仮止めクランプ

仮止めクランプとは

仮止めクランプとは、ワークを治具に段取りする際に、ワークが位置決めに確実に当たった状態で動かないようにばね等の力で押さえつけるクランプ部品です。

自動化の多数個取り治具や、ロボットを使ったワークの着脱ではクランプ前のワークの仮保持が必要となり、その仮保持部に仮止めクランプが多く使用されます。

仮止めクランプを使うことにより生産性の向上と品質の安定を図ることができ、加工用治具の他にもさまざまな治具に幅広く使用されます。

仮止めクランプとは

こんなことでお困りではありませんか?

  • 加工基準にしっかり当たらずにクランプして、加工精度が安定しない
  • 作業者間のバラツキをなくしたい
  • 治具上の取り付けスペースを小さくしたい

そんな時は、仮止めクランプで解決!

加工基準にしっかり当たらずにクランプして、加工精度が安定しない

作業者間のバラツキをなくしたい

多数個取りの自動化クランプなど、複数のワークを取り付けてからクランプする場合、手でワークを押さえきれずに、基準にしっかり当たっていないままクランプして、加工精度が安定しないことがあります。

また、ワークの位置決め作業で、力が強すぎてワークにキズや歪みを発生させたり、弱すぎて加工基準との間に隙間が発生するなど、作業者によってワークの品質がばらついてしまうことがあります。

イマオの仮止めクランプは、内蔵ばねによりワークを一定の力でしっかりと加工基準に押し当てて保持するため、誰が作業しても確実に位置決めされた状態でクランプできます。

加工精度がばらつかない
仮止めクランプ 一定の力で押し当て
ばねの圧縮量を変えることで、ワークの重量や大きさに合わせた最適な押し当て強さに調整することもできます。
仮止めクランプ 押し当て強さの調整

治具上の取り付けスペースを小さくしたい

多数個取り治具を製作する上で、ワークをなるべく多く配置したいが、クランプ部品が場所を取ってしまい、思ったほど多く配置できないことがあります。

イマオの仮止めクランプは場所を取らないコンパクト構造のため、限られた加工エリアに、より多くのワークを配置できます。

仮止めクランプ 省スペース性
仮止めクランプ 省スペース性

採用事例

採用事例 油圧による同時クランプの仮止め

油圧による同時クランプの仮止め

採用事例 多数個取り治具の仮止め

多数個取り治具の仮止め

採用事例 標準治具はこちら

製品

クランプする力を調整できるねじ止めタイプ

SSB,SSF,SST

スプリングストップ

取り付けスペースを小さくできる埋め込みタイプ

WP1

サイドプランジャー

BJ765,BJ766

スプリングロケートピン

BJ795

スプリングロケートピン(メネジ)

関連製品

スプリングロケートピンを取り付け後に位置を微調整できる偏心ブロックはこちら!

BJ767

偏心ブロック

BJ765,BJ766,BJ795用

スプリングロケートピンの取り付けツールはこちら!

BJ768

打ち込みパッド

BJ765,BJ766用