フッククランプ

フッククランプとは

フッククランプとは、数ある切削加工用治具の中でも、ワークを上から押さえるタイプのクランプ部品です。

シンプルな構造のクランプで、内蔵ばねの作用により、アンクランプ時にフックがワークから離れます。

またフックを旋回することにより、フックとの干渉を回避してワークを着脱できます。

フッククランプは、穴加工や側面加工など切削加工時のクランプとして一般的に使用され、スイングクランプとも呼ばれます。

フッククランプとは

こんなことでお困りではありませんか?

  • 治具スペースが少なく、クランプ配置場所が確保できない
  • 多数個取りをしたいが、クランプ部品が場所を取ってしまい、あまり多く配置できない

そんな時は、フッククランプで解決!

治具スペースが少なく、クランプ配置場所が確保できない

従来のストラップセットはクランプ力が大きい反面、ストラップのクランプ部、受け部などの取付けスペースを確保する必要があります。

イマオのフッククランプは、シンプルな構造のため本体取付のスペースだけで取付可能です。同じ治具スペースでも、より大きなワークを設置することができます。

治具スペース ストラップセットの場合

ストラップセットの場合

治具スペース フッククランプの場合

フッククランプの場合

多数個取りをしたいが、クランプ部品が場所を取ってしまい、あまり多く配置できない

限られた加工範囲内になるべく多くのワークを配置し、一度に多数のワークを加工することは、生産効率向上に効果的です。

配置しようとしても、クランプ部品が場所を取ってしまい、思ったほど多く配置できないことがあります。

フッククランプは省スペース設計により、加工エリアを最大限に活かすことができるため、ワークの多数個取りに適しています。

多数個取り ストラップセットの場合

ストラップセットの場合

多数個取り フッククランプの場合

フッククランプの場合

さらにこんな特長の製品もあります

フックのかじりを解除できるコンパクトなフッククランプ [BJ132]

かじりを解除できるフッククランプ

フッククランプは、クランプ時にかじりが発生することがあります。

フッククランプ [BJ132]は、独自の機構によりクランプ操作をする六角穴付ボルトに追従してフックが上下するため、クランプ後のフックのかじりを解除することができます。

また、少ないスペースでクランプできるコンパクト設計です。

製品詳細へ

さまざまな高さのワークに対応

フッククランプは種類が豊富なため、さまざまな高さのワークに対応できます。

高さの違うワークに対しても、フッククランプの特長はそのまま活かして治具を構築できます。

さまざまな高さのワークに対応

使用例

使用例 薄物ワークのクランプ

薄物ワークのクランプ

使用例 省スペースでのクランプ

省スペースでのクランプ

製品

ベーシックなフッククランプ・フッククランプセット

BJ130

フッククランプ

BJ130-A

フッククランプセット

BJ130-B1

フッククランプセット(フランジタイプ)

一体型のフッククランプ

BJ131

フッククランプ

フックかじりを解除できるコンパクトなフッククランプ

BJ132

フッククランプ

BJ132-A

フッククランプセット

BJ132-B

フッククランプセット(フランジタイプ)

関連製品

フックホルダー・ジョイントバーはこちら!

BJ530

フックホルダー

BJ531

フックホルダー(フランジタイプ)

BJ600

ジョイントバー