安全ホイストリング

こんなことでお困りではありませんか?

吊上げ作業時において

  • 横吊りや引き起こしをしたいが、アイボルトでは不安だ
  • 2個のアイボルトの向きがそろわないことがある
  • 高価なワークを吊上げる際、吊具が破損しないか不安だ

そんな時は、安全ホイストリングで解決!

安全ホイストリングとは、重量物を吊上げる時のフックやスリング・ワイヤーなどをかける吊具です。

リングが180度前傾し、本体が360度回転します。したがって横への負荷がかかってもリングが荷重方向にならって、無理なく吊上げられます。天吊り、横吊りなど、どのような方向で吊しても許容荷重は変わりません。(負荷荷重は変わります)

安全ホイストリングとは
横吊りや引き起こしをしたいが、アイボルトでは不安だ

アイボルトは縦方向への荷重には強い構造ですが、横吊りや引き起こしなど横方向への負荷がかかる使用方法は破損事故の原因となります。安全ホイストリングは、リングが180度前傾し、本体が360度回転するため、横への負荷がかかってもリングがならって、無理なく吊上げられます。

安全ホイストリング 横吊りNG

横吊りNG

安全ホイストリング 引き起こしNG

引き起こしNG

安全ホイストリング アイボルトは横荷重に弱い

アイボルトは横荷重に弱い

2個のアイボルトの向きがそろわないことがある

アイボルトは、安全に使用するために、座面が密着するまで締め込む必要があります。アイボルトを2個使用する場合は、向きがそろわない場合があります。2個のアイボルトの向きが違う場合は、荷重がかかったときに、アイボルトの緩みや締め過ぎが発生し破損事故の原因となります。安全ホイストリングは、本体が360度回転するため、向きを調整する必要がありません。

安全ホイストリング 向きがそろわずNG

向きがそろわずNG

安全ホイストリング 向きがならうためOK

向きがならうためOK

高価なワークを吊上げる際、吊具が破損しないか不安だ

高価なワークの吊上げ作業時に、吊具の破損が原因で落下すると、大きな損害が生じます。また作業者の負傷や、人命に関わる事態になる可能性もあります。安全ホイストリングは、すべての構成部品に磁気探傷検査を行い、品質を保証しております。吊具の破損原因となる表面のキズだけでなく、部品内部のクラックも検査するため、吊具破損のリスクを回避し、職場の安全対策にも寄与します。(SUS製はリング部に浸透探傷試験実施)

さらにこんな特長もあります

小サイズでも高い許容荷重

安全ホイストリングは、ネジサイズが小径でも高い許容荷重を発揮します。例えば、アイボルトM30の許容荷重は14.7kNですが、安全ホイストリングM16の許容荷重は19kNです。安全ホイストリングの方が小サイズですが、許容荷重はアイボルトより優っています。

  アイボルト M30 安全ホイストリング M16(HR16)
許容荷重 14.7kN 19kN

SUS、防錆製品あり

安全ホイストリングは、SUS製やニッケルコーティングなど防錆タイプをご用意しております。サビを嫌う箇所にもご利用いただけます。

安全ホイストリング ステンレス

リフトチェック機能付きあり

安全ホイストリングには、ボルトの締まり具合が上部の色で識別できるリフトチェック機能付きをご用意しております。ボルトが締まった状態か、緩んだ状態かも一目で判断できるため、安心してご利用いただけます。

安全ホイストリング リフトチェック

使用例

リングが180°前傾し、本体が360°回転

安全ホイストリング 使用例1

荷重方向にならって、リング・本体が前傾・回転

安全ホイストリング 使用例2

製品動画

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

製品

HRE

安全ホイストリング(エコノミータイプ)

SE

スイベルアイボルト

HR-SP

サイドプル ホイストリング

SHR

サイドスイベルホイストリング

関連商品

SE-T

スイベルアイボルト取付けツール