デジタル ポジション インジケーター

こんなことでお困りではありませんか?

スケールを見ながら、送りネジでの調整操作をする場面において

  • 作業者によって読取りに個人差があり、調整にバラツキが生じる
  • 細かな位置調整がしづらい
  • スケールの読取り間違いがある

そんな時は、デジタル ポジション インジケーターで解決!

デジタル ポジション インジケーターとは、送りネジ等の軸の回転により調整・移動する距離(送り量)を表示できるカウンターです。

調整位置を数値化できるため、手元のカウンターで送り量を見ながら、精度のよい操作が行えます。そして、作業者の感覚に頼ることなく、誰でも同じように確実な操作を実現します。

デジタル ポジション インジケーターは、食品機械、包装機械、梱包機械、印刷機械など、さまざまな産業機械に使用されます。
用途は、ガイドの幅調整やツールの位置調整など、回転軸を使用する各種調整箇所に使用されます。

デジタル ポジション インジケーター

使用例

SDP-09-N デジタル ポジション インジケーターの使用例
機械
印刷機械
用途
ローラーの調整
製品
NF,F,NV,V + SDP-09-N
SDP-04FL デジタル ポジション インジケーターの使用例
機械
油圧ユニット
用途
油圧ユニットの流量調整用ハンドル
製品
SDP-04FL
その他のインジケーターの使用例はこちら

特長

  • さまざまな送りネジピッチや回転方向に合わせて選べる1回転表示
  • 取付ける場所や軸径に合わせて選べるサイズバリエーション
  • 剛性のある金属ボディータイプあり
  • 食品機械などサビを嫌う装置に最適なSUS製あり
  • デザインに合わせて選べるカラーバリエーション
  • 簡単取付け

主な選定ポイント

読取方向

取付けた際に、カウンターが読取りやすい向きを選びます。

H

水平軸で、上側から見る場合

V

垂直軸の場合

F

水平軸で、正面から見る場合

A

水平軸で、下側から見る場合

<例> 

回転方向

仕様に応じて、回転方向によるカウントアップ、カウントダウンを選びます。

R

カウントアップ:右回転
カウントダウン:左回転

L

カウントアップ:左回転
カウントダウン:右回転

1回転表示

軸が1回転したときのご希望の表示・小数点位置を選びます。

使用方法

取付方法

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

カウンターの表示

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

製品

周辺部品

その他のバリエーション