IM-Tool/AC

IM-Tool/ACは使いやすさを 重視したコストパフォーマンスの高いアプリケーションです。

主な拡張機能として、長穴・同心円・補助線等の作図機能や、特徴的な寸法入力機能、部品欄自動作成機能、計算式登録機能、JIS標準シンボル(締結、駆動、軸受、形鋼部品等)を備え、設計者の作業効率を大幅にアップさせることが出来ます。

  • 特殊な寸法の記入を支援

    AutoCAD標準機能には搭載されていない、特殊な寸法(弧長寸法、面取り寸法、大半径寸法など)を作図することが出来ます。

  • 図面記号を簡単に挿入

    仕上げ記号、溶接記号、データム、幾何公差など、専用のメニューを使って簡単に作図することが出来ます。

  • 部品表を自動生成

    図面に作図されているバルーン記号から部品情報を収集し、部品表を自動的に作図することが出来ます。

    部品表は、外部ファイルとして出力することも可能です。

  • 約9,000点におよぶJIS準拠機械部品

    主に機械設計で必要となるJIS機械シンボル(締結部品、駆動部品、軸受部品、形鋼など)、約9,000点搭載。 パラメータ指定で簡単に図面に挿入可能です。

  • 設計業務を補助する技術計算機能

    機械設計業務で必要となる計算式が、多数搭載されています。ユーザー独自の計算式を登録することも可能です。

IM-Tool/ACは工業用機械部品の製造メーカである弊社の設計部門の意見と、長年Autodesk(オートデスク)社の認定特約店として、AutoCAD(オートキャド)のカスタマイズを手掛けてきた開発部門の技術と知識が融合した機械設計支援アプリケーションです。

主な機能

機械部品メーカである弊社が開発した「IM-Tool/AC」はAutoCADで動作する機械設計支援アプリケーションです。 主な拡張機能は、長穴・同心円・補助線等の作図機能や、特徴的な寸法入力機能、部品欄自動作成機能、計算式登録機能を搭載しています。JIS標準シンボル(約9,000点)には、締結部品の他に駆動部品・軸受部品・形鋼等が含まれており、設計者の作業効率を大幅にアップさせることができます。

インターフェイス

「ツールバー」、「メニューバー」及び「リボン」メニューにも対応しました。

環境設定

面倒な用紙サイズ設定や図面枠の配置、それに伴う「寸法」「文字」「記号」などのサイズの変更を自動で設定。それぞれの初期値を設定するだけで、快適な作図環境ができます。

作図機能

【同心円/長穴作図/中心線/隠線作図】【補助線機能】【断面線作図】【2D干渉】2D図形を、回転やスライドによって固定図形にどの位置で干渉するかを素早くチェック。

編集機能

【抜き出し複写】【異尺寸法記入】コマンドも用意しております。

文字記入

【サイズ一括変更】【スタイル一括変更】

寸法記入

機械設計に必要な様々なバリエーションの寸法記入を用意しております。 【孤長寸法】【座標入力】【引出し】【面取り寸法】【矢印変更】【垂直・水平片側寸法入力】【大半径】【公差追加/編集】【面取り寸法】ポリラインで作成された図形の面取り部分を分解しなくても、面取り寸法を入力できるように変更されました。 寸法入力時に矢印の形や向きを変更できるようにパワーアップしております。寸法図形は分解せずに実行できます。 引出し関連の寸法には、角度を指定することもできるようになりました。 すでに寸法が入力されている図面の用紙縮尺を変更した場合、寸法文字などのサイズを自動で変更するコマンドを追加しました。

記号記入

【仕上げ記号】新JISおよび旧JISタイプを用意【溶接記号】【データム】【幾何公差】 【バルーン】【登録部品】部品情報を連動させることができるようになり、部品表の作成も可能となりました。また、使用頻度の高いブロック図形を独自に登録する【登録部品】を利用すれば、部品表の情報も同時に登録することができます。

技術計算

機械設計で一般的な技術計算式を搭載しているほか、独自の計算式を登録することができます。

機械部品

機械設計に必要なJIS準拠の機械部品が約9000点用意されています。パラメータを指定するだけで、ブロック図形として図面上に配置できます。

購入について

価格

IM-Tool/ACの定価は以下のとおりです。

製品 定価
IM-Tool/AC 新規 198,000円
IM-Tool/AC 1バージョンアップ 40,000円
IM-Tool/AC 2バージョンアップ 80,000円
IM-Tool/AC 3バージョンアップ 120,000円
IM-Tool/AC 4バージョン~6バージョンアップ 160,000円

※バージョンアップ適用の条件
以下の3点全てを満たす場合のみ、バージョンアップが適用可能です(1つでも満たさない場合は、新規扱いとなります)。

  1. バージョンアップ先が、Autodesk社が利用可能と保障しているバージョン(最新バージョン及び過去5バージョン)であること
  2. バージョンアップ元とバージョンアップ先のバージョンの差が6バージョン以内であること(例えば、2014→2020の場合、6バージョンアップになります。7バージョン以上アップの場合は、新規扱いとなります)
  3. ご注文時に、購入数量分のバージョンアップ元のシリアル番号6桁の情報をご教示いただくこと

納期

ご注文本数が1本~5本の場合:弊社ご注文受付日を除く、実働3日目に出荷いたします。

※土曜日、日曜日、祝祭日は実働日に含まれません。

※ご注文数量が6本以上の場合は、別途お問い合わせください。

購入方法

最寄のAutodesk販売店にご相談いただくか、下記連絡先にお問合わせください。

株式会社イマオコーポレーション infomax center
情報ビジネス部
〒509-0109 岐阜県各務原市テクノプラザ1-3
TEL:058-379-0361
FAX:058-379-0362

製品バージョン対応表

各製品の対応プラットフォームは以下の通りです。

ご利用予定のAutoCADのバージョンと同一のIM-Tool/ACのバージョンをご購入ください。

AutoCADのバージョンとIM-Tool/ACのバージョンが異なると、IM-Tool/ACは正常に動作しません。

2023

AutoCAD 2023対応版

64bit版(Windows 10・Windows 11)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

2022年9月1日リリース予定

2022

AutoCAD 2022対応版

64bit版(Windows 10)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

2021

AutoCAD 2021対応版

64bit版(Windows 10)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

2020

AutoCAD 2020対応版

64bit版(Windows 10)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

2019

AutoCAD 2019対応版

64bit版(Windows 7、Windows 10)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

2018

AutoCAD 2018対応版

64bit版(Windows 7、Windows 10)

スタンドアロン形態

※AutoCAD LTには対応していません。

※上記以外のOS上での動作をご検討の方は、別途お問合せください。

カタログ
イマオ開発アプリケーション