ボールロックシステム

リーズナブルなコストで、各種機械におけるテーブルとサブプレート、治具本体とサブプレートなどの位置決めと固定を同時に行います。
従来のボルトとピンの使用に比べ、短時間で完了します。 繰り返し精度は±0.013mmのため、芯出しの必要もありません。

製品特長

特長1 素早い交換

ボールロックシステムは、位置決めと固定を同時に行う為、治具プレートを素早く交換できます。
ボルトとピン方式では、段取時間に約10分ほど要するのが一般的でしたが、ボールロックシステムは、最短約1分までに短縮可能です。(当社比)

特長2 確実な締め付け

ボールロックシステムは、1個あたり最大31,000Nの締付け力で確実に固定します。

特長3 正確な位置決め

ボールロックシステムは、±0.013mmの繰り返し精度でサブプレートを位置決めします。

製品説明

3個のスチールボール内蔵

ボールロックシステムとは、各種機械におけるテーブルとサブプレート、治具本体とサブプレートなどの位置決めと固定を同時に行います。ボールロックシステムの構成する製品は、3個のスチールボールを内蔵したフランジシャンク、貫通穴の磨耗を防するライナーブッシュ、受け口となるリバースマウントブッシュまたはボルトインマウントブッシュです。

構成部品

BS1
フランジシャンク
位置決めと固定を同時に行います。レンチで止めネジを回すことで、3個のスチールボールが外側に押し出され、固定をおこないます。
(詳細は、製品構造をご参照ください。)
BLN1
ライナーブッシュ
サブプレート側のフランジシャンク用貫通穴の磨耗防止や保護をします。
BB1
リバースマウントブッシュ
ベースプレート側の受け口。ベースプレートに貫通穴が施せる場合にご使用できます。
BB2
ボルトインマウントブッシュ
ベースプレート側の受け口。ベースプレートに貫通穴が施せない場合にご使用できます。六角穴付きボルトで固定します。

製品構造

フランジシャンクはラージボールと3個のスチールボールを内蔵しています。止めネジでレンチを回すとラージボールが3個のスチールボールを外側に押し出します。
押し出されたスチールボールはリバースマウントブッシュ(ボルトインマウントブッシュ)の内壁を3点で確実にロックします。

下から見た状態

【左写真…ロック前】
スチールボール(赤)が内側で待機。

【右写真…ロック状態】
ラージボール(青)がスチールボール(赤)を押し出してロック

ボールロックシステム TOP

ボールロックシステム 使用方法

ボールロックシステム Q&A

CADデータ・PDFカタログ

カタログ請求
【 標準機械部品 標準治具 カタログ 】