アシスト インジケーター

アシスト インジケーターは、フィールドバス対応のインジケーター。
従来の段取り替えは、リストを見ながらハンドルで送り量を調整していました。
しかし、生産ラインの商品切替え頻度や調整箇所が多い場合、手間と時間がかかる上、ミスが発生しやすいというリスクも。
アシスト インジケーターは、生産品目に合わせて登録した目標値を、コントローラから一括で各インジケーターに送信できるので、作業効率がUP。また、送り量を調整し目標値に合致したことを、LEDやコントローラーで確認できるので、確実性も向上します。

一般的な段取り替え

各インジケーターの目標値を用紙などで確認しながら変更

アシスト インジケーター

・目標値がインジケーターに自動表示!
・操作して正値になるとLEDが緑に!

特長

段取り替え時間の削減

コントローラから目標値を一括送信。
機器ごとに用紙を見ながら確認をする必要がありません。

段取り替え工程のポカミスを回避

LEDにより、設定完了が一目瞭然。
だれでもミス無く段取り替えができます。

操作履歴の自動記録

ログイン名ごとにいつ、どのような操作を行ったか、すべて自動的に記録されるので、履歴追跡が簡単です。

操作手順

パネル操作

操作パネル上で、予め登録したワークの種類を選択します。
操作パネルは、オリジナル製品のSNDEP-CM(コントロールモニター)をご利用いただけます。また、PLCにてお客さまオリジナルの操作システムを構築してもご利用いただけます。

目標値の自動表示

操作パネルでワークの種類を選択すると、各インジケーターにデータが転送され、それぞれの目標値がインジケーターに自動的に表示されます。
目標値は上記写真のように下段に表示されます。

インジケーター操作

ハンドルを操作して、インジケーターに表示された目標値に合わせます。
実際の値は上段に表示されます。
目標値と実際の値が合致すると、LEDが赤色から緑色に変わります。

次のワークは…
対象ワークが変わると手順1に戻り、ワーク選択を変更します。

システム制御方法

かんたん制御

すべて当社製品で構築します。各機器をつなぐだけで、面倒なプログラムはいりません。インジケーター(入出力モジュールも含む)は最大31台まで接続できます。

PLCからプロトコルコンバーターを中継して制御

既設のフィールドバスに接続し、統合されたシステムを構築できます。(詳細は、別途お問合せください。)インジケーターは最大31台まで接続できます。

製品動画

※この動画では音が流れます。音量等にご注意ください。

製品ラインアップ

SNDEP04

SNDEP04

小型ボディで、省スペース

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP10

SNDEP10

読みやすいバックライト画面

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP10-MS

SNDEP10-MS

磁気センサータイプ

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-MS

SNDEP-MS

磁気センサー

CAD・PDFカタログはこちら

MB500

MB500

マグネティックストリップ

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-CM

SNDEP-CM

コントロールモニター

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-CM-AD

SNDEP-CM-AD

コントロールモニター接続アダプター

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-CA

SNDEP-CA

接続ケーブル

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-BUS-TA

SNDEP-BUS-TA

バスターミネーター

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-MJ

SNDEP-MJ

入出力モジュール

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-ABUS-CA

SNDEP-ABUS-CA

コンバーター接続ケーブル

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-BU

SNDEP-BU

バッテリーユニット

CAD・PDFカタログはこちら

SNDEP-STS

SNDEP-STS

シャフトスリーブ

CAD・PDFカタログはこちら